素材や彫刻デザインに注目

男の人と女の人

好みを上手に取り入れる

近年、結婚指輪としての人気が高まっているのがハワイアンジュエリーです。ハワイと言えば常夏の楽園で、リゾート地としてのステータスも高く、結婚式をあげたりハネムーン先としても多くのカップルに選ばれています。そんな幸せなイメージの溢れる土地の伝統的なハワイアンジュエリーは、結婚指輪としても最適と言えます。ハワイアンジュエリーはプルメリアの花やマイレの葉など、ハワイの自然をモチーフとした彫刻の美しさが一番の特徴です。しかし、実はそれぞれのモチーフに意味が込められています。例えばプルメリアは「大切な人」や「愛」を、マイレの葉は「神聖なる絆」を表しています。またスクロール(波)は寄せては返し、途切れることのないことから「永遠に続く愛」を、さらにホヌ(海亀)は「幸せの守り神」と言った意味を持っています。ハワイアンジュエリーを結婚指輪として選ぶ際には、デザインの好みとともにこの様なモチーフの意味を指輪に託す事が出来ます。モチーフの彫刻とともに刻印でメッセージを入れる事が出来るお店もありますから、2人の永遠の愛と絆を強く刻めるのも、ハワイアンジュエリーの魅力です。結婚指輪は日々使用するものですから、耐久性も必要ですので強度もある高品質のプラチナや金素材の取り扱いがあるかを確認するとよいでしょう。またハワイアンジュエリーは完全オーダーメイドとなり、多くの場合オーダー後ハワイの工房で熟練の職人により彫刻細工が施されます。そのため出来上がりまでにオーダーから2〜3ヶ月がかかるので、時間の余裕を持って依頼する必要があります。デザインや素材から全てフルオーダーですので、世界でもただひと組だけの大切な結婚指輪となることでしょう。